忠兵衛ぐでんぐでん日記

高知の歴史好きが作ったプチ武将列伝&ざっくばらんな話集です。

香宗我部親氏

f:id:mayuchi2014:20180226103922p:plain

f:id:mayuchi2014:20180404180755p:plain

〇 【香宗我部親氏】(こうそかべ ちかうじ)

〇 1572~1592

親氏は土佐国長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)」の弟である「香宗我部親康(こうそかべちかやす)」の嫡男として生まれました。
小さな頃から長宗我部家の為に各地で良い働きをしていました。
戸次川にて長宗我部家の後継者である元親の嫡男「信親(のぶちか)」が討ち死にしてしまい、後継者問題で一門衆の多くが粛正されると、親氏は残された一門衆として元親や父、後継者となった「盛親(もりちか)」の代役としての沢山の任務を請け負います。
1592年に勃発した朝鮮出兵文禄の役)でも君主の代わりに出陣して、朝鮮海軍等と奮闘しますが、病死してしまいました。享年20歳でした。

 

〇香宗我部 親氏をかんがえる
生存期間が短かった為か、資料的に乏しい親氏でしたが、もし朝鮮出兵後も元気でいたら、きっと長宗我部の改易も回避できたのではと考えられます。有力な一門衆が殆どいなくなってしまった長宗我部家の舵取り役は「久武親直(ひさたけちかなお)」ですが、この武将のおかげ?で長宗我部家は破滅してしまったのですからね・・・
年齢、経験的に盛親に関ヶ原での決断力は無かったと推測されますので、もし親氏が生きていたら30歳前後、経験も申し分なく、長宗我部家を存続する決断が出来たと思います。
親氏自体に父や叔父(元親)ほどの度量があったかどうかは疑問ですが、親直よりかは私利私欲に走ることなく導けたのではないでしょうか?
親氏の死が原因かは不明ですが、翌年に父である親康も死亡しています。
香宗我部親子の死は晩年の長宗我部家にとって痛恨のダメージであったのは間違いないです。
異説では親氏死去の原因は討死とも言われています。長宗我部家にとって秀吉の戦との相性は最悪なんでしょうね。小田原では活躍したのですが・・・