忠兵衛ぐでんぐでん日記

高知の歴史好きが作ったプチ武将列伝&ざっくばらんな話集です。

吉田重俊

f:id:mayuchi2014:20180226103922p:plain

f:id:mayuchi2014:20180322124115p:plain

〇 【吉田 重俊】(よしだ しげとし)

〇 生没年不詳

重俊は長宗我部家臣「吉田 則弘(よしだ のりひろ)」の次男として生まれました。
兄に「吉田 孝頼(よしだ たかより)」がいます。
土佐大津城や山田氏との戦いでは先鋒として活躍します。
1558年に、上夜須城主(高知県香南市夜須町上夜須)を任されます。
1569年の「安芸 国虎(あき くにとら)」との戦いでは、安芸城に籠城した敵を計略にて内部崩壊させます。
高知県南国市岡豊の土佐吉田城跡には石碑が立っています。

次男「江村 親家(えむら ちかいえ)」は江村家の養子となって「備後守(びんごのかみ)」と名乗ります。重俊も備後守を名乗っていたので、「大備後」「小備後」として区別したようです。
1570年ごろに死去したようですが、詳細は分かりません。

 

〇吉田重俊をかんがえる

 重俊や兄の考頼等吉田一族は長宗我部の重臣として影響力を発揮しています。
関ケ原後には山内家に登用され「馬廻り」となります。

※馬廻りとは身辺警護や護衛を行うエリートの家臣です。

幕末の土佐藩家老「吉田 東洋(よしだ とうよう)」に繋がります。
東洋は上士にも関わらず先祖は長宗我部家臣だったんですね。